スポーツ

ゴルフボディメソッド

ゴルフボディメソッド



商材詳細

■商品名:

ゴルフボディメソッド

■商品詳細:

第一線で活躍するプロゴルファーとトレーナーによるゴルフのためのボディケアの決定版!

週1回、約20分のゴルフのための正しいストレッチやトレーニングによって、腰、肩、膝、肘などの不安を解消し、より長く、よりいいゴルフをが可能になります!

■商品内容:

動画視聴サイト

■ジャンル:

スポーツ

■販売価格:

12800円

■販売者名:

株式会社MTイノベーション
★スポーツ☆

ゴルフボディメソッド
ゴルフボディーメソッド 1日約20分を週に1回で体が変わる
はじめまして。
PGAティーチングプロの竹内雄一郎です。
私は、ジュニア~シニア、そして男性、女性と
様々な生徒さんにレッスンを行ってきました。
特に40代以降のゴルファーが多いのですが、
私がいくら上達のためのレッスンを行っていても、
生徒さんがいくら一生懸命練習に励んでも、
上達すらできないどころか練習すればするほど
どんどん下手になって行くゴルファーもおります。
それは……
そもそもゴルフのための体ではないからです。
ゴルフを上達するためには、
ドライバーの飛距離を伸ばすには、正しくスイングする必要があります。
正しくスイングをするためには、
その正しい動きができるように体を動かす事が絶対条件です。
あなたは腰痛に悩んでいませんか?
あなたはひざの痛みに悩んでいませんか?
突然の背中や首の痛みを経験したことはありませんか?
しっかりと体のメンテナンスをしていますか?
しっかりストレッチをしていますか?
もし、あなたの体のパーツの一つでも正しく動く事ができなければ、
パーツが揃わないパズルと同じように徐々にバラバラになってしまい、
気づかないうちに腰や膝、背中、首、ひじなど
様々な場所に負担をかける事になっています。
そして今の体のまま、練習やラウンドでスイングをすればするほど負担がかかり、
体に時限爆弾を自動的に抱えてしまうことになります。
◆ゴルフ雑誌のストレッチの大ウソ
私自身、ティーチングプロとして
様々なゴルフレッスンをチェックしていますが、
ゴルファーのためのストレッチ特集など、
時々、恐怖すら覚えてしまうことがあります。
「そんなに適当でいいのか?」
正直、こんな風に思ってしまう事も多々あります。
他のスポーツの専門家が、
全くゴルフの知識がないにも関わらず、
憶測だけで自分の分野のトレーニングを
ゴルフに当てはめてレッスンしています。
正直、かなりやばい状況です。
◆二度とゴルフができなくなる可能性も……
なぜなら、間違ったトレーニングや
ゴルフに合っていないトレーニングをすればするほど、
ゴルフの上達を妨げるどころか、バランスが崩れてしまい

腰痛などの原因になったり、将来ヘルニアに悩まされて
ゴルフどころではなくなってしまう危険性があります。
最悪、歩く事も困難な状況になってしまいます。
病院の薬も正しく処方されなければ、毒にもなり得ます。
あなたはそれで大丈夫でしょうか?
スコアアップや飛距離アップをするために最も大切なのは、
ドライバーやスイングでもありません。
それはあなた自身の体です。
もう中途半端な情報に惑わされ、がんばっているあなたとは
正反対に大切なあなたの体を酷使してほしくありません。
長期に渡り、健康的にゴルフを楽しむ体を
手に入れてほしいと心から願います。
そんな想いから今回、ずっと私の体をメンテナンスやストレッチ、
トレーニング指導してくれている高橋トレーナーと共に
ゴルファーのための、
プロゴルファー監修によるボディーメソッドを遂に公開します。
◆竹内雄一郎プロ&高橋秀人プロ プロフィール
◆高橋秀人プロフィール
カラダ・かえるLABO代表、日本健康体育協会愛知県支部長
1976年11月25日東京生まれ、岐阜県育ち。
学生時代は水泳選手として活動するも大成せず、大学中退後に地元岐阜県でスポーツクラブ業界に就職。15年以上業界で活動後、2012年に独立。
個々の身体の状態に合わせて、身体の不調改善から、スポーツパフォーマンス向上をサポートするプロフェッショナルとして活動中。
◆保有資格
NSCA-CPT(日本ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)
ACSM-HFS(米国スポーツ医学会ヘルスフィットネススペシャリスト)
健康運動指導士 他
◆竹内雄一郎プロフィール
18歳からゴルフを始め、25歳よりPGAティーチングプロとしてレッスン活動を行う。
プロやトップアマはもちろん、初心者~中級者、シニア、女性からも圧倒的な支持を持つ。
動画レッスンを配信しているYoutubeでは再生回数は1,400万回以上再生されており、彼のレッスンには全国からレッスン依頼が殺到する今、最も話題のティーチングプロである。
◆保有資格
PGAティーチングプロ
◆ゴルフボディーメソッド
それでは、ゴルフボディーメソッドの中身のご紹介です。
今回のメソッドは解説編とトレーニング編の構成になっております。
解説編では、一連のトレーニングの内容を、
私からはトレーニングにおけるゴルフへの効果について解説します。
そして、高橋トレーナーからは、そのトレーニングにおける
ボディケアの効果などを解説しております。
トレーニング編では、これらのメニューを高橋トレーナーと一緒に、
テレビの前で行ってください。
たった20分ほどのトレーニングを週に1回行っていただく事により、
長期に渡って、ゴルフを楽しみためのゴルフボディーを手に入れることが可能です。
今回のゴルフボディーメソッドであなたは……
腰痛の心配などせずフルスイングできる
ラウンド中に膝の痛みを気にせず歩いてラウンドできる
ラウンド後の体への負担が少なくなる
突然の背中や首の痛みが出にくくなる
朝一のティーショットからマンブリすることができる
長期に渡り健康的にゴルフができる
可動域が広くなり正しいスイングができる
しっかりボールにパワーを伝えられて飛距離が伸びる
◆こんな方におすすめです
腰痛など体の痛みを抱えゴルフをしている方
練習をする度に、体のあちこちが痛くなる方
カートなしではラウンドできない方
いつまでも健康的にゴルフを続けたい方
体が硬く思ったようにスイングできない方
◆こんな方は購入しないでください
「今は体の調子がいい」とボディケアを軽視する方
1日20分、週に1回のトレーニングができない人
ゴルフを生涯スポーツとして考えていない人
◆気になるお値段は……
今回のメソッドは、プロゴルファーとトレーナーで
第一線を進んでいる2人がコラボして誕生した特別企画になります。
今回のプログラムを1回約20分、週1回行えば、
ゴルフのあとに、腰、肩、膝、肘などを抱えながら
接骨院へ駆け込むことが少なくなり、
あなたは長期に渡ってゴルフを楽しむ事ができます。
その事を考えた時に、10万円でも安いのではないかと感じました。
しかし、それでは、本当に体が困っている人を救うことができないと感じました。
なので、
でご提供させていただきたいと思います。
私と高橋トレーナーが長年の歳月を費やし、試行錯誤し、
無駄を全て削ぎ落としたゴルファーのためのボディケアの全てで
健康的に全ての痛みが出にくくなり、
これからのゴルフライフをエンジョイしていただき
さらに成長を遂げてほしいと思っております!
◆180日間 全額返金保証致します!
もし、あなたがゴルフボディメソッドをご覧になり、180日以内に3ヶ月の実践(1日約20分週1回)後、
腰痛など体のメンテナンスに効果がなかったという場合、全額返金致します。
私はこのゴルフボディーメソッドを行う事で、
体の不調を起こしにくくなるだけでなく、
永くゴルフを楽しんでいただけるようになると自信を持っております。
トレーニングをしっかり実践していただき、
ゴルフを生涯スポーツとし、
ゴルフを楽しむ事でより一層、ライフワークを充実させてほしいと思い
これだけ長い返金期間を設けております。
動画じっくりとご覧いただき、
動画に沿ってトレーニングをしてください。
この動画を見て、1日約20分、週1回トレーニングを実践して頂ければ、
あなたの体は若返り、
もっとゴルフをエンジョイさせることができると確信しております。
それでも満足頂けなかった場合は ご返金させて頂きます。
ここまでお約束できるのは、このメソッドに自信があるからです。
◆最後に……
ゴルフほど老若男女楽しめるスポーツはありません。
親子でゴルフ対決、孫とゴルフなどこれほど世代を越え、
気持ちを熱くしてできるスポーツはあるでしょうか!?
しかし、そのためには資本である体が健康的である必要があります。
体が何よりも一番大切です。体がなければゴルフはできません。
そして、正しくストレッチやトレーニングをしなければ、
一生直らない腰痛やヘルニアさえも引き起こしてしまう可能性もあります。
今回のプログラムで、正しく、ゴルファーのためのストレッチトレーニングを習慣化し
長期に渡りゴルフを楽しめる体づくりをしてください。
あなたのご参加心よりお待ちしております。
あなたの体を変えて、ゴルフも変えるゴルフボディーメソッド
特定商取引法について
Copyright (C) 2015 ゴルフボディーメソッド All Rights Reserved.
ゴルフボディメソッド
トレーニングの方法について困ってますあることがきっかけで将来は救急救命士になりたいと思い、専門学校を受験し4月に入学予定の女子です。専門学校に入れば体力トレーニングなど必須になってくると思うのですが、これまで運動らしい運動をしたことがありません。部活も文化部だったので筋力も全然なく、腹筋は足を押さえないと1回もできませんし、腕立て伏せも15回位が限界です。こんな状態では入学してから置いていかれてしまうと思うので、短い期間ではありますが基礎的な体力はつけておきたいです。ですが、トレーニングをした事がないので何から手をつけていいのか分かりません。最低限、入学までにできるようになりたいのは「腹筋」「腕立て伏せ」。将来的にできるようにしたいのはそれプラス「懸垂」などです。腹筋は特に、一回もできない状態からのスタートなので、できるようになる方法から、鍛えていく方法を知りたいです。これらをやるために他にも鍛える必要がある場所があれば、それも教えていただきたいです。あと、基本的な体力をつけるために、最近は家の近所を走ったりもしてます。ランニングについてもアドバイスがあれば教えていただけると助かります。たくさん聞いてすみません。よろしくお願いします。
まず筋力はトレーニングをすることで少しづつ強くなっていきますので、トレーニングをつづけていけば現状では1回しかできない腹筋も10回、20回とできるようになっていきます。また筋力を効率良く伸ばすのには、3回程度で限界になってしまう重量で3セットが最も効率が良いとされていますが、これほど高い負荷だと上手く効かせるのが難しいので、実際には筋力アップが一番の狙いでも10回が限界の重量で3セットを行っている方が多いです。これを踏まえたうえでアドバイスるると、腕立て伏せは現状でも15回はできるとのことのなので、限界×3セットを当面は行っていき3セット目でも10回が出来てしまうようになったら、種目を更に負荷の高いディップスに変更することをお勧めします。(20回くらいまでなら筋力アップの効果も高いので、このくらいの回数までは回数を増やすことで対応もできます)腹筋も同様で20回×3セットを目標に行ってください。ただ腹筋は胸や背中などと違って遅筋比率が非常に高く、もって持久力がたかい筋肉なので20回ができるようにたあとも回数を伸ばしていくことでも力を付けていくことができますので、負荷を増やして20回が限界になるようにしなくても対応できます。懸垂に必要な筋肉は広背筋といって日常生活ではあまりつかわれないため、あまり発達しておらず初めから負荷の高い懸垂のできる方はほとんどいませんので、同じ筋肉を主要筋とする「斜め懸垂」や「ベントロウ」、「ワンハンドロウ」、「ラットプルダウン」などの負荷が調整できる種目で筋力をつけることがファーストステップで、体重と同じくらいの負荷が扱えるようになったら挑戦していくことをお勧めします。方法としては10回が限界になる負荷で10回×3セットです。ちなみに筋肉は回復している時に強くなりますので、筋肉痛がない限りは2日置き程度の頻度で行っていくのがスタンダートな方法です。あと全身の筋肉の70%は下半身にありますから、体力アップなどを目指すならスクワットは必須種目ですので取り入れることをお勧めします。
トレーニングには適した時期があり、乳幼児期から小学校低学年には(1)、小学校高学年から中学校では、(2)、骨の成長が終わってから力強さのトレーニングをするとよい。()に当てはまる言葉はなんですか?教えてください
カテゴリマスター(1)は神経系のトレーニング。複雑で多彩な動きを行う、バランスを取って動くなどのトレーニングで、神経系の発達を促します。(2)は持久系のトレーニング。呼吸器循環器の成長で心肺機能が高まる時期なので、最も効果的に持久力を鍛えられます。
トレーニング方法についての質問です。マシントレーニング、ウエイトトレーニング、チューブトレーニングの3種類で下記の物にそれぞれ当てはまるものを教えてください。1.バランスの崩れた筋肉を修正したり、一部の筋群を強化するトレーニング2.肘関節、肩関節、股関節、などのインナーマッスルに刺激を与えるトレーニング3.複数の筋肉に同時に刺激を与えてバランスよくトレーニングするトレーニング当てはまるものを教えてください。よろしくお願いします。
これはまた極端な質問ですね。1.マシン:特定の部分に特化した動きができるから2.関節とインナーマッスルは違うし、関節を鍛えるというのも不可能だと思うので回答なしではないでしょうか。質問の意図を汲み取って一つを選ぶなら、チューブ。3.マシンやチューブを使ったトレーニングもウェイトトレーニングです。自重を使うのもウェイトトレーニングです。しかし質問の意図を鑑みてウェイトトレーニング。正確にはフリーウェイトトレーニング。
トレーニングジムに通おうと本日、ビギナー講習を受けてきました!全体的に体を引き締めたくて……彼氏と三ヶ月会えなくなるので帰ってきてからびっくりさせたいと思っています。ジムに通う頻度、週に何回がベストですか?通える時は五日連続とかで通った方が得なんですか?体を壊したり無理はしないようにはしたいと思っているのですが……でも頑張りたいです。それと、どんな順番でトレーニングを勧めていけば良いのでしょうか?教えてくださいっ!!
>ジムに通う頻度、週に何回がベストですか?>通える時は五日連続とかで通った方が得なんですか?筋線維の回復には48時間~72時間かかると言われております。また最初からトバしすぎると、途中で息切れしてしまうリスクもあるのでジム自体は行った次の日はオフにして、その次の日にジム、というように2日に1回の割合で良いと思いますよ。なお、ジムに行かない日は、たとえば会社帰りにひとつ前の駅で降りてウォーキングで帰宅とか帰宅後自宅付近を30分前後ウォーキングというのをオススメします。>どんな順番でトレーニングを勧めていけば良いのでしょうか?筋トレメニューを50分前後しっかりやって、筋トレのエネルギー源となる糖をしっかり消費してください。そのあとで有酸素=速歩(ウォーキング)を20分~30分やれば良いと思います。有酸素系はエネルギー源として最初に糖を、次に体脂肪を使用するのですが、筋トレで体内の糖を消費しておけば早い段階から体脂肪を燃焼させることになります。なお、ランニング・チャリンコマシンはあまりオススメしません。いずれも膝に負担をかけやすいのと、チャリンコマシンはサドルにすわるため自重を負荷として活かせてないからです。あと、短期間で体重を落とすのは実は糖質カットが一番効果的です。ただ、大幅に落とすと色々と弊害もありますので、今までの摂取量を100とすると1カ月目は85善後、2カ月目は70、3カ月目は60くらいにすればよいと思います。なお、同体積であれば筋肉の方が体脂肪よりも重いので、体組成が改善した場合(=筋量が増えて体脂肪が減った場合)に「体積は減ったのに体重は変わらない、もしくは増えた」と言う事があり得ます。なので体重ではシェイプ・アップ効果は図れませんので、その点は予め注意した方が良いと思います(体重計に乗って一喜一憂する必要はありません)。
トレーニングについて質問です週3回ジムに行って胸肩、背中腕、脚腹で部位を分けて筋トレしています。1つの部位を週1回では筋肥大は望めないのでしょうか?週34でジムに通う場合、どのようにトレーニングを組んでいけば良いでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。
>1つの部位を週1回では筋肥大は望めないのでしょうか?毎回、負荷を逃がさないように意識しつつ、限界を超えるチャレンジをして乗り越えていけば、筋肥大は可能です。それでも発達しにくいなと感じたら、その部分については、頻度を増すことや、ワークアウトの質の改善、アプローチの変更を考えればいいと思います。https://www.youtube.com/watch?v=ML2KX3T3dzUhttps://www.youtube.com/watch?v=hmgqMxwANugあなたのワークアウト内容が分かりませんが、基本的なウエイトトレーニング、特にバーベル種目をこなしているのなら、腹筋運動は要らないのではないかと思います。フリーウエイトで姿勢を維持することで、体幹部は自然に鍛えられます。そうなると、脚だけの日になり、脚は伸びやすくなります。http://athletebody.jp/2013/11/18/abs/脚の日に他の部位を組み込んで頻度を増したり、胸だけにしてより肥大効果を増したりなど、工夫しやすくなると思います。例えば、私なら、大きな部位は、中4日以上空けるので、大体週1回ペースです。肩は、頻度を増したいので、中3日程度。腕は、大きな部位で使うのでそれに影響が出ない範囲で、週1回ないし2回です。頻度を短くしたこともありますが、疲労が残っていて前回の限界を超えにくいので、大体週1回ペースに落ち着いています。結局は、あなたの体の反応、発達次第です。結果に繋がらないことを続けていては、時間が勿体無いです。発達しやすいように、いろいろと試して、あなたに合ったワークアウト頻度を模索しましょう。いろいろな意見や理論がありますが、1つの参考になれば幸いです。
おすすめの情報