ツール・その他

単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN

単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN

■商品詳細:

単語アルゴリズムにより自分独自の記事データベースを作成
タイトル自動生成機能
アフィリエイトタグ自動挿入可能
単語、文節、データベースの組み合わせで自然な記事が可能
youtubetwitteryahooニュース収集
複数記事同時生成
ランダム記事生成機能によりパターンは無制限
他多数の機能満載!!

■商品内容:

PDF16ページ

■ジャンル:

ツール・その他

■販売価格:

39800円

■販売者名:

クリアイズム有限会社
★ツール・その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN
単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN|クリアイズム有限会社
Toggle navigation
KIJIN
特別先行公開終了まで –>
はっきり言えばKIJII改、KYOJINで作ったどちらの記事でも、
ほぼパーフェクトに近いリライトを実現します。
ですが、
「ツールで作った記事とは言われたくない」
「パーフェクトに近づけたい」
そんなシステムエンジニアの高い志が実現したツールとなります。
「使っていただく方に、これ以上のソフトはないと喜んでいただきたい。」
そんなわがままから出来上がったツールでもあります。
それではまず、KIJINとはどういった2つのソフトが合体したのか、
2つのソフトを知らない方のために簡単にご説明します。
KIJII改を使って作成するオリジナルの文章を作るロジックは、
単語・文節によるデータベースの構築から成り立っています。
まず、検索エンジンアルゴリズムはどのような文章の解析を行っているかちょっと考えてみましょう。
サイトの表示順位を決定するGoogleのアルゴリズムは、アルゴリズムである以上、
あらゆることをスコア化して判断しています。
文章をそのまま判断することは困難ですから、ちょっと難しい言葉になりますが、文章を形態素解析して、品詞分類による構文構成、マルコフ連鎖等で解析をし、インデックスデータベースの統合からスコア化したりしています。
例えば、下記の文章を例とした場合です。
弊社では形態素解析により、以下のように文章を単語単位で解析をします。
すべての文章に、1,000、2,000では数えられない数の単語単位を解析し分析した結果、
単語を体言、動詞、形容詞、名詞的代名詞、連体詞的代名詞、副詞的代名詞連体詞、副詞、接続詞、
感動詞、陳述副詞、助動詞、助詞等に品詞分類し、
それらの並びを確認する単語アルゴリズムに検索エンジンはなっています。
少し難しい話ですが、検索エンジンの単語アルゴリズムを掴み、
それに対応した文章データベースをKIJII改 には導入しています。
もうひとつ、例として下記の場合です。
このようになっても、文節としてきちんと意味が通じ、構文の構成は変化してきますね。
だから、[一般的に][自動車の][査定][見積り][は]という文章の場合には、
[一般的に] [自動車の] [査定] [見積り] [は] [    ] [自動車の] [査定] [見積り] [は] [一般的に] [    ] [査定] [見積り] [は] [一般的に] [自動車の] [  ] [見積り] [は] [一般的に] [自動車の] [査定] [   ] [は] [    ] [自動車の] [  ] [見積り] [は] [一般的に] [    ] [査定] [   ] [は] [    ] [自動車の] [査定] [   ] [は] このように、構文の構成を崩すだけで文章は大きく変わってくるわけです。
単語・文節のデータベースにより、
「一般的に」の場合は
⇒ 普通、 / 基本的に / 一般的には / 通常の / 普通の例では / 基本的な例としては
「自動車の」の場合は
⇒ 車の / 中古車の / 愛車の / マイカーの / 処分をする車の / 処分をする自動車の / 手放す自動車の / 手放す予定の愛車の
「査定」の場合は
⇒ 売却 / 売買の際の / 売る際の / 売却する際の / 売買の相場や / 売却時の様に
類義語データベースでの文章生成に加え、
[一般的に] [自動車の] [査定] [見積り] [は] [    ] [中古車の] [売却] [見積り] [は] [通常の] [    ] [売却] [価格] [は] [普通、] [車の] [  ] [見積り] [は] [基本的な例としては] [処分をする車の] [売却時の] [料金] [は] [基本的に] [処分をする自動車の] [    ] [見積り] [は] ・・・
以上のような構文構成乱数アルゴリズムにより、
生成される文章のパターンはいったいどのくらいになるのでしょうか?
ちなみにKIJII改 のデータベースで使用している乱数の生成は、
関数型やタイムスタンプ依存型ではなく、5ケタの整数を無数に作って四則演算を自動化した後に、
データベースを並べ替えて配列にしたものを要素の数で除算して選択させるという方法を採用し、
高度なアルゴリズムで検索エンジンが嫌う「規則性」を排除しています。
具体的な文章の組み合わせパターンは文章により異なりますが、
おおよそ10~30パターンの単語、文節の類義語パーツを約1500~2000程度組合せたものでデータベースを構築しています。
そのデータベースからランダム生成時に独自アルゴリズムを用いて、構文の構成に変化を与えるロジックを搭載しています。
このロジックは、100億通りや1000億通り、1兆通りなどではなく、
構文構成の変化により、天文学的な組み合わせパターンの文章生成を実現させることに成功しました。
更にYouTubeのコンテンツやYahoo、cなどの記事を自動導入することにより
更にオリジナル記事を作成します。
KIJII改とはあらかじめ作ったデータベースに、
プラス類義語データベースを独自のアルゴリズムにより文章を生成していました。
Googleのアルゴリズムを分析し、同じように形態素解析を使いデータベースにて文章をリライトするのですが、
KIJII改と違う部分は文章をはじめからデータベース化する必要はなく、
ネット上にあるお好きな記事をコピーして貼り付けるだけでも
オリジナル記事を作れるという、高い技術データベースでした。
KIJII改が類義語データベースを基本にしていますが、
KYOJINは自社で今まで作ってきた記事やGoogleにある文字をベースにデータベース化しています。
ですので、類義語だけではなく、すべての文字ベースで変換が可能です。
まず、一つの文章データベースを作るとします。
この文章では今までにクリック一つで類義語がどんどん変わり、100でも1000でも文章を作ることができました。
例えば、「金融」のアフィリエイトの文章があるとします。
同じ意味の内容で変換されますが、
更に違う、
類義語ではなくデータベースが重なるとまったく違う文章も
作り出すことが可能になるわけです。
類義語だけではないのでキャッシングからレンタカーの文章に変換をしていくことも可能になるわけです。
元々は、リフォームでも、漫画でも、ビジネスでも、料理であっても、
どんなネット上の記事でも、作った記事でも、自由に変換して文章を作ることができたソフトに、
プラスカテゴリーを絞った記事を更に細かく変換させることにより、
絶対にツールが作った記事とは言わせない、
文章作成が可能となったのです。
難しい表現で分かりにくい箇所もあると思いますが、
簡単に説明するとこういうことです。
KIJINは、SEO対策用のバックリンクとして、アフィリエイトの販売用の記事として、
日々更新するブログの記事として、
どのような記事を作成する場面で使っていただいても大丈夫です。
また記事を外注で受注している方であれば、
どれだけ時間を短縮できるか分からないほどの大きな価値があるでしょう。
クリアイズムの話になりますが
弊社はSEO対策業者ですのでSEO対策用のバックリンク記事はいつも必要となります。
1つのキーワードを対策するのに200の記事を書くとします。
1つの記事を外注するとなれば、1件300円でも200の記事をお願いすると、その時点で6万円の経費がかかります。
SEO対策でお金をいただくのは成功報酬ですので、万が一上位に表示できなければ、この6万円は赤字となります。
また、上位に表示ができたとしても200の記事で上位にだすキーワードというのは、
いきなり月間で6万円もいただけるキーワードではありません。
となると、半年ほどSEO対策を継続していただければ、やっと利益になってくる感じなわけです。
これを一つのビジネスとして行うには、お客様が長く継続していただければ利益にはなりますが、
短期ですと非常に難しくなってきます。
利益が出るかでないかは、記事の作成費用になってきます。
ですがKIJINを自社で使いはじめてからは、記事を作成する必要がなくなり、
月間では80万ほどの利益をもたらしています。
ソフト一つで80万もの利益を会社に出しているわけです。
これは大きいですよね。
例えば1000の記事を作るとします。
外注業者に1000文字ほどの記事をお願いしますと、1件300円とすれば、
それだけで30万の費用が発生してしまいますよね
アフィリエイトをするのにも、SEO対策をするにも常に記事は必要となってきます。
ネットビジネスには欠かせない存在であり、個人様、企業様には是非使っていただき
パーフェクトの記事で利益を出し続けていただければと思います。
KIJINの価格ですが、
KIJIIを開発したときは類義語のデータベースと全知能記事作成ツールとして、かなりの手間と時間を要しました。
その後更なる完璧を求め、自社の文章などをデータベース化し、
更にグーグルの単語もデータベース化するなど、
とても考えられないほどの内容をシステムチームが力を入れてきました。
そしてこの度のKIJINはパーフェクトの壁を突き破り更に前人未到の地を開拓するべくツールとなりました。
価格を決定しなければということでチームで相談をしましたが、正直2日間決まりませんでした。
価格がとんでもなく高くて相談にもならないからです。
ですが、
「お客様に使っていただかなければパーフェクトツールもただのゴミ」
「使っていただいて初めて喜んでいただける」
さらに、クリアイズムの目標があります。
使って、喜んでいただける価格を決定させていただきました。
ズバリ、39,800円とさせていただきます。
ですが、いつもお世話になっているクリアイズム会員様には特別価格を設けさせていただきました。
クリアイズム会員様先行公開で、25,800円にてお渡しいたします。
使って、喜んでいただける価格を決定させていただきました。
ズバリ、25,800円でお渡しさせていただきます。–>
PDF(16ページ)
動作環境
Windows 7 8 8.1 CPU Core i3 メモリ2.00GB以上
支払方法
銀行振込・クレジットカード(VISA・MASTER)20分割可・コンビニ決済
お渡し方法
ご決済確定後購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
サポート
電話・メール、及びスカイプのサポート期間に制限は設けておりません。
スカイプの時間は特に設定はしておりませんので、お気軽にお尋ねください。
会員様–>
先行販売価格
3月31日23:59まで–>
39,800円(税込)
ご購入はこちら
お申し込み先着順により、特典内容が変わります。
お早目にお申し込みください。
お渡しする特典はこちら!
ダイエット系記事
商品が手元に届いた時点でダイエット系の記事が無限に作り出せ、更にオリジナルを重視した記事に変換!
キャッシング系記事
商品が手元に届いた時点でキャッシング系の記事が無限に作り出せ、更にオリジナルを重視した記事に変換!
債務整理系記事
商品が手元に届いた時点で債務整理系の記事が無限に作り出せ、更にオリジナルを重視した記事に変換!
FX系記事
商品が手元に届いた時点でFX系の記事が無限に作り出せ、更にオリジナルを重視した記事に変換!
※特典はご購入の商品とまとめてお渡しします。
質問KIJINはデータベースを作る必要があるのでしょうか?
データベースは必要ありません。
ウェブ上のお好きな記事を変換させて記事を作成しますので、特に作る必要はありません。
ですが自社のサイトがダイエット系の商品で、ダイエット系のブログや記事をとにかく多く作りたい場 合やカテゴリーが決まっている場合等は、データベースを作っておくと、とても精度が高い記事が量産 できます。
ですので、仮にダイエット系記事等の場合は、特典のデータベースを使っていただくと完璧です。
質問誰でも簡単に使えますか?
動画を見ていただけるとお分かりいただけますが、どなたでも簡単にお使いいただけます。
記事をコピーして貼り付け、更に変換などを行い、独自記事を作ってください。
質問サポートはどこまで行っていただけますか?
弊社では、電話サポート・メールサポート、スカイプサポートとすべて行っておりますので、
特典でいつまでなどの制限もありませんのでお気軽にお問い合わせください。
質問ソフトが使えなくなる等はありますでしょうか?
また、その際にはアップデート等はありますでしょうか?
ソフトの改良等で、今までのソフトも含め常にアップデートは行っておりますので、最新のソフトの際は、メール等で告知いたしますので最新のソフトを使っていただければと思います。
また使えなくなるということは今までも含めありませんのでご安心ください。
電話の場合
メールの場合
進撃シリーズということで使いましたが、
本当に凄い、そして楽しく作業をしています。
まずは、あまり考えずに直感的に使ってみようと
マニュアルも読まずにスタートしましたが簡単に使えて
全てオリジナルの記事になるので
アフィリエイト記事の作成には文句のつけようがありません。
100でも200の記事でも完全なオリジナルです。
データベースに関してもマニュアルには丁寧に書かれているので
とても助かります。
また、私がとても重宝する部分としまして、元々記事を書こうと考えていたら
記事の中身が思いつかない部分があります。
その思いつかない部分が元々データベースに入っているので
考えなくても違った次の文章が作れるところがアフィリエイトの記事に
とても役立っています。
一気に記事を投稿するってところもバックリンクなどで考えたら
最高の宝物ですよね。
言われているとおり、高い壁をつきやぶった勝利だと思います。
ちなみに
KIJINで作った記事でPPCアフィリエイトを行ったら
2日目で7600円ゲットしてるので凄さが物語っています。
今後ともよろしくお願いします。
記事作成業者兼アフィリエイター 中村正也 様
KIJINを使いました感想です。
数あるツールの中でもかなりの手ごたえを感じています。
「これだよこれ」
って感じです。
この度のツールを購入させていただいたのは前回のKIJIIの素晴らしさが一つ
そしてアフターが素晴らしい
いろんな販売業者がありますが郡を抜いてトップの会社がクリアイズムだと
思います。私もいろんなノウハウとツールなども購入してきましたが
クリアイズムさんだけは常に電話もメールも素早く応対していただけてメールにしても
即日応対は当たり前に返していただけますし丁寧です。
他の会社さんと比べるのはよくないですが、他の会社さんなどはフェイスブックで
何を食べてますとか、どこに出かけていますとかのせて掲載していますが肝心のアフターをする人がいないのか、電話応対会社だったりと結局アフターが受けられません
メールが帰ってきたと思ったら
「マニュアルをよく見てもっと詳しく質問してください」
これだけの返答の会社もありますし、コピーして貼り付けてメールを返してくる
会社も多数あります。是非新たに何か商品を購入されるのであればしっかりと
アフターができる。そして応対ができる会社をお勧めします。
その点に関しては先程もお伝えしましたが
クリアイズムさんは最高です。
そして商品に関しては
「これだ」
という喜びを手に入れています。
とにかく細かいところに気を配っている商品なので非の打ち所がありませんし
記事を書くということだけに特化して言うならばこれに追いつけるだけのソフトは
もう無理だと思います。
そこまでのソフトだという事は私が証明させてください。
北区 王子 柳田雄介 様
この度はKIJINサイトをご覧いただきまして有難うございます。
このKIJINは進撃シリーズの最高傑作という位置づけで商品とさせていただきました。
完璧なソフトを2つ掛け合わせ2つのデータベースを結合させていただきました。
1つでも完璧なソフトの仕上がりですので、2つ合体をしたら、完璧のどこを乗り越えるのか私としても本当に、ワクワクとドキドキ感でいっぱいでした。
ですが、ものの見事にシステムチームは私の予想をはるかに超えてKIJINを作り出し、
皆で完成の時は震えていました。
「本当の意味で壁が越えられた。」
山に登るのに苦労して苦労して死にそうになって登りきったあのときの境遇でしょう
喜びよりも震える感覚です。
私もその光景を見て鳥肌が立った事をまだ覚えています。
クリアイズムも遂にここまで作ることができたのかと、
私自身もとてもうれしく思い、
そしてそれと同時に
クリアイズムの目標
「お客様に喜んでいただこう」
毎年毎年、少しずつでも大きな喜びをいただこう。
一人ひとりの笑顔をいただこう。
この目標に合致し確実に喜んでいただけるはずだと確信したからこそ
KIJINを世の中に出させていただきます。
このKIJINで、弊社だけで言えば年間1,000万近くの経費が削減され
グループ会社も含めれば2000万を超える経費の削減です。
記事作成ツール恐るべしです。
アフィリエイターさん、ネットショップ、記事作成業者にいたるまで
幅広いジャンルの皆様に使っていただき
喜びの顔を是非見ることができればこれ以上ない幸せです。
クリアイズム 片桐 健
PDF(16ページ)
動作環境
Windows7・8・8.1 CPU Corei3 メモリ2GB以上
支払方法
銀行振込・クレジットカード(VISA・MASTER)20分割可・コンビニ決済
お渡し方法
ご決済確定後購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
サポート
電話・メール、及びスカイプのサポート期間に制限は設けておりません。
スカイプの時間は特に設定はしておりませんので、お気軽にお尋ねください。
会員様–>
先行販売価格
3月31日23:59まで–>
39,800円(税込)
ご購入はこちら
| ページトップへ戻る
| 特定商取引法に関する表示
| 本ソフトウェアに関するお問い合せ
Copyright
クリアイズム有限会社
– All Rights Reserved. –
単語アルゴリズム全知能記事作成ツールKIJIN
データベースについて詳しい方に質問させていただきますデータベースとデータの違いとはなんですか?
カテゴリマスターデータは単にデータのみですが、データベースはデータを効率良く記憶し、効率良く検索出来るようにする為のソフトウエアを含んだ物です。データベースにも色々な種類の物が有りますが、最近は殆どがリレーショナルベースを使っています。理由は、データ構造が一番簡単な2次元の表で作られており、それを操作する言語のSQLも命令が簡単で命令数も少なく、SQLを使えばデータを操作する部分を簡単に早く作る事が出来、システム作りの生産性が劇的に改善さた為です。
イラストレーターデータ入稿時、画像をRGBにするというのは最近一般的になっていますか?てっきりCMYKに変換し、補正を入れ入稿するものだとばかり思っていました。そうしても、結局は誤差が出るのであまり意味がないといえば無い気がします。本来、印刷会社に色は全部任せるものなんでしょうか案件により違うと思いますが…何か間違えた知識なのではと心配になり..
前提が異なるので、回答も様々になってしまいますね。まず、色を重視する印刷物の場合、これはもとよりRGBとか現物で入稿して印刷所なり製版所でCMYKに分解し、お客さんが確認しながら印刷してもらうという工程になります。一方、DTPとして普通に行われている印刷では、デザイナーがCMYKに変換した素材を用意して、入稿するという手順が一般的で、これは現在も変わりません。これが最近はPDFをベースにした入稿形態が増えていて、RGBとCMYKが混在した状態でデータを作成しても、問題なく印刷が行えるようになっています。PDFでは、RGBのデータをCMYKに変換した後の色で確認することができますので、必要がある画像のみ、手動でCMYKに変換すれば良いわけです。また、今までは同じCMYK値でも印刷所ごとに異なる色で出力されていたわけですが、最近はJapanColorなどの規格に準拠して出力する印刷所もあるので、完璧は求めないが、だいたい求めた色で出力することはできる環境が整う様になりました。いよいよ混沌としてきた感じですね(^^;)私は印刷通販を利用した安い印刷物のデザインも受けているので、RGBで作ってPDF/X-1aで入稿することが増えています。下手にCMYKで入稿するより印刷事故が少ないらしく、出力見本なども用意する必要がありませんし、印刷所によってはポイントが付いたり安くなったりします。
VBS初心者です。以下のようなtxtデータがあるのですがデータタイプ毎の最大値を抽出したいのですがそもそもVbsでこのようなことは可能なのでしょうか。左側は時刻のデータで右側は結果です。時刻歴データ数:10データタイプ:540.011.258E-060.021.259E-060.031.240E-060.041.280E-060.051.220E-060.061.211E-060.071.212E-060.081.213E-060.091.214E-060.101.213E-06時刻歴データ数:10データタイプ:560.011.358E-060.021.359E-060.031.340E-060.041.380E-060.051.320E-060.061.311E-060.071.312E-060.081.313E-060.091.314E-060.101.313E-06時刻歴データ数:10データタイプ:600.011.658E-060.021.659E-060.031.640E-060.041.680E-060.051.620E-060.061.611E-060.071.612E-060.081.613E-060.091.614E-060.101.613E-06みなさんどのような形でVBSを勉強されましたか?書籍など探したのですが本屋にはあまり置いてなかったので、、、
カテゴリマスター質問文のテキストファイルの内容は、1つのファイル、という前提条件です。試しやすいように、「~.txt」ファイルを1つだけ、プログラムファイルにドラッグ&ドロップしてください。ドラッグ&ドロップしたファイルと同じフォルダ内に「同じ名前+(Result).txt」(「abc.txt」→「abc(Result).txt」)という結果ファイルを作成します。最後に「Finished!」と表示しますので、「OK」を押して、終了してください。のちほど、できるだけ詳しい説明を、私なりに試みますので、学習の足しにしてください。今回は、「0.011.258E-06」の間は半角スペースだ、という認識ですが、タブでも簡単に対応できます(後述)。OptionExplicitDimabcdfijsotrtxwaxyzSetso=CreateObject("Scripting.FileSystemObject")Setwa=WScript.ArgumentsIfwa.Count<>1orLCase(so.GetExtensionName(wa(0)))<>"txt"ThenMsgBox("ドラッグ&ドロップできるのは、txtファイル1つだけです")WScritp.QuitEndIff=so.GetParentFolderName(wa(0))b=so.GetBaseName(wa(0))Settx=so.OpenTextFile(wa(0)1)Settr=so.OpenTextFile(f&"\"&b&"(Result).txt"2True)DoUntiltx.AtEndOfStreamx=tx.ReadLiney=InStr(x":")d=Mid(xy+1InStrRev(x"")-y)c=-1Fori=1tod*1a=Split(tx.ReadLine"")c=c+1ReDimPreservem(c)ReDimPreserven(c)m(c)=a(0)n(c)=a(1)NextFori=0toc-1Forj=i+1tocIfn(i)<n(j)Thenz=m(i)m(i)=m(j)m(j)=zz=n(i)n(i)=n(j)n(j)=zEndIfNextNexttr.WriteLinextr.WriteLinem(0)&":"&n(0)ErasemErasenLooptx.Closetr.CloseSettx=NothingSettr=NothingSetwa=NothingSetso=NothingMsgBox("Finished!")説明です。OptionExplicit「厳密に」とか、「明確に」というような意味で、このオプションを設定すると、変数は、その使用の前に、必ず「Dim」等によって、「使いますよ!」と、宣言しておかなければなりません。Setso=CreateObject("Scripting.FileSystemObject")ファイルやフォルダ、また、テキストファイルを扱う「Windows」の機能を読み込んでいます。「CreateObject」ですから、正確には「生成する」と言った方が正確なのかも知れませんが、「感覚的」には、「Windows」の機能を読み込んでいる、と理解した方が分かりやすいと思います。Setwa=WScript.Argumentsドラッグ&ドロップされるのを待っています。Ifwa.Count<>1orLCase(so.GetExtensionName(wa(0)))<>"txt"Thenドラッグ&ドロップされたファイルの数は、「wa.Count」で分かります。「LCase()」は、英字をすべて「小文字」にする関数です。これで、「Txt」や「TXT」も、すべて「txt」になります。「so.GetExtensionName()」は、「Scripting.FileSystemObject」の機能を使って(頭の「so.」)、ファイルの拡張子を取得します。そして、ドラッグ&ドロップされたファイルが1つの場合、「wa(0)」に、その情報が入ります。もちろん、2つなら「wa(0)」と「wa(1)」です。あたかも配列変数のように見えますが、通常の配列変数とは異なります。通常の配列変数は、「wa(0)=1」などと値を変更できますが、ドラッグ&ドロップされた情報は、変更することはできません。したがって、ドラッグ&ドロップされたファイルをファイル名順にソートしようとすると、別の配列変数に入れ直して、そちらの配列変数でソートすることになります。MsgBox("ドラッグ&ドロップできるのは、txtファイル1つだけです")メッセージを表示しています。WScritp.Quitプログラムそのものを終了しています。EndIf以上が、ドラッグ&ドロップされたファイルが2つ以上だったり、拡張子が「txt」以外のファイルだったりした場合の処理です。f=so.GetParentFolderName(wa(0))ドラッグ&ドロップされたファイルが存在するフォルダを調べています。たとえば、プログラムファイル(「~.vbs」ファイル)自身が存在するフォルダを調べるのでしたら、f=so.GetParentFolderName(WScript.ScriptFullName)となります。頭の「so.」は、「Scripting.FileSystemObject」です。「GetParentFolderName()」が、存在するフォルダを調べています。今回は、ドラッグ&ドロップされたファイルですので、「wa(0)」が存在するフォルダを調べています。「WScript.ScriptFullName」は、「D:\Programming\VBscript\Sample.vbs」とうような情報が入っています。プログラムのファイル名だけでしたら、「WScript.ScriptName」となります。すなわち「Full」がつくと、いわゆる「フルパス+ファイル名」ということになるのです。b=so.GetBaseName(wa(0))ドラッグ&ドロップされたファイルのベースネーム(「abc.txt」→「abc」)を調べています。Settx=so.OpenTextFile(wa(0)1)ドラッグ&ドロップされたファイルを「読み込み専用」(=最後の「1」)で開いています。Settr=so.OpenTextFile(f&"\"&b&"(Result).txt"2True)「f」は、ドラッグ&ドロップされたファイルが存在するフォルダ。「b」は、ドラッグ&ドロップされたファイルのベースネーム。したがって、「D:\Programming\VBscript\Sample(Result).txt」というファイルを、「書き込み専用」(=「2」)で、「新規作成を許可」(=最後の「True」)しています。x=tx.ReadLine1行読み込んでいます。y=InStr(x":")「時刻歴データ数:10データタイプ:54」の最初の「:」が何文字目か調べています。「InStr()」は、文字列の中から文字列が何文字目に存在するかを返す関数です。たとえば、「InStr("abcdef""cd")」なら、「abcdef」の中に「cd」は、3文字目に存在しますので、「3」を返します。しかし、「InStr("abcdef""xy")」なら、「xy」は存在しませんから、「0」を返します。d=Mid(xy+1InStrRev(x"")-y)「InStrRev()」は、後ろから探します。後ろから探しますが、返すのは、前から数えた場所です。「Mid()」は、文字列の何文字目から何文字取り出す、です。すなわち、「Mid("abcdef"32)」なら「cd」です。で、何をしているかというと、「時刻歴データ数:10データタイプ:54」の「10」という数字の部分を取り出しています。この部分が、1桁でも、3桁でも、対応しています。c=-1カウント用変数の初期化。Fori=1tod*1上記の場合でしたら、「d」には「10」が入っていますが、文字列(「数字」)としての「10」ですから、「*1」をして、「数値」に変換しています。したがって、10回繰り返します。a=Split(tx.ReadLine"")「Split()」は、区切り記号(今回は、半角スペースが区切り記号)を使って、配列変数に格納します。たとえば、読み込んだ1行が、「abc」の場合、「a(0)="a"」、「a(1)="b"」、「a(2)="c」となります。もし、区切り記号が「タブ」でしたら、「""」を「vbTab」に変更するだけです。c=c+11個カウント。ReDimPreservem(c)ReDimPreserven(c)配列変数の添え字(「()」内の数字)を1つ増やしています。「Preserve」を付けないと、それまで格納したデータが消えてなくなってしまいますので、注意してください。m(c)=a(0)=「0.01」n(c)=a(1)=「1.258E-06」を格納しています。Nextを、10回繰り返しています。Fori=0toc-1Forj=i+1tocIfn(i)<n(j)Thenz=m(i)m(i)=m(j)m
(j)=zz=n(i)n(i)=n(j)n(j)=zEndIfNextNextこの部分は、「1.258E-06」の方を使って、小さい順にソートしています(「バブルソート」というソートです)。もう、これは、形で覚えてください。tr.WriteLinex「時刻歴データ数:10データタイプ:54」を書き出しています。tr.WriteLinem(0)&":"&n(0)最大値の「001」の部分と、「1.258E-06」の部分を書き出しています。ErasemErasen配列変数を削除しています。Loopを、ファイルの終端まで繰り返しています。tx.Closetr.Close両ファイルを閉じています。Settx=NothingSettr=NothingSetwa=NothingSetso=Nothing「Set~」で使用した変数は、その使用後、必ず「Nothing」で解放しておきます。MsgBox("Finished!")最後に「Finished!」と表示しています。では、お勉強、是非とも、がんばってください。
C#のデータ型について質問です。一定数の単語について先頭文字でグループ化したい場合どんなデータ型を使えばいいのか悩んでいます。分かりやすい例で単語が8個あってapplebookcoinciderdeskdeardictionaryeggこれをaからeですので5グループに分けるとします。この場合、どんなデータ型で格納すればいいですか?最初単語8個はList<string>型に保持されているとします。
データ型は環境的な要求が厳しくない限りにおいては、「どう保管したいか」ではなく、「どう使いたいか」を基準に選ぶと良いです。私だったら、とりあえず「先頭文字α→αを頭文字に持つ単語の集合」の形で持たせておきたいので、Dictionary<stringList<string>>とかしときますかね。(頭文字ベースで取り出すことができて、リストに分類されていれば走査時間もそれほどかからないだろうと踏んでの事です)頭文字として登場する文字のhanniが決まっているなら(例えばa?eで固定なら)のであれば、数値を頭文字に対応させて(例えばaなら0、bなら1として)、その添え字で呼び出せる配列を使うようにすると思います。ご参考まで
PCのデータ移行に関して近々PCを買い替える予定です。(ディスクトップPC)特に重要な物もなく、やらなくても良いかーと思ってます。ただひとつだけ分からないのがゲームのデータです。私のPCに入っているゲームは全てダウンロードしたものなんですが、データ移行しないと、新PCの方では同じセーブデータは使えないですか?Steam、ブラウザゲー、あとはフォートナイトです。無知ですいません。
カテゴリマスターfotniteは同じepicアカウントでログインすれば特にデータ移行等せずとも同じデータで遊べるブラウザゲーはものによるが、例えば艦これ等のログインが必要なものであればfotniteと同様にログインすればOKcookie等にデータが保存されているものであれば個々の移行手段(txtベースでのデータ抽出等)を用いるsteamに関しては3択オンラインサーバー保存のものは同一アカウントであれば問題なく前のデータで遊べるsteamクラウド対応タイトルであれば、そちらにデータを上げておけば一々移行させる必要はないローカル保存のものであればデフォルトだとマイドキュメントの下辺りにあるセーブデータフォルダを新規PCの同じ場所に移さなければならない
おすすめの情報