ホームページ・ブログ・ライティング

OS短縮URLプラグイン

OS短縮URLプラグイン



商材詳細

■商品名:

OS短縮URLプラグイン

■商品詳細:

WordPressで構築されたウェブサイトを短縮URLサービスサイト化するプラグインです。
プラグインをインストールすれば、すぐに短縮URLの発行が可能になります。URLはWordPressがインストールされているホームURLを元にします。

■商品内容:

WordPressで短縮URLサービスを構築

■ジャンル:

ホームページ・ブログ・ライティング

■販売価格:

48600円

■販売者名:

新田 鉄平
★ホームページ・ブログ・ライティング☆

OS短縮URLプラグイン
OS短縮URLプラグインのご紹介 – WordPressプラグイン販売 –
Home
長いURLの困りごと
短縮URLプラグインの魅力
商品の詳細情報
特商法の表示
WordPress(ワードプレス)で動作する短縮URLプラグイン
OS短縮URLプラグイン
短縮URLサービスが手軽にスタートできる短縮URLプラグイン
短いURLになれば資料や名刺の印刷物が楽になります
URLが短いと直感的でわかりやすく覚えてもらえます
ユーザの傾向がわかるアクセス情報取得ができます
デモサイト
いますぐ購入
長いURLを短く、わかりやすく
URLが長く、紹介するときに困ることはないでしょうか。
URLが短いと直感的にわかりやすいだけでなく、資料や名刺などの印刷物に記載しやすくなります。
自社のドメインで短縮
短縮URLプラグインを使用すれば、貴社のドメインで短縮URLが生成できます。第三者のウェブページを紹介する際にも利用が可能です。
訪問ユーザの傾向がわかるアクセス情報
短縮URLプラグインでは、ユーザのアクセス元、ブラウザ環境、IPアドレス、都市、日時、訪問回数を一覧で確認することができます。これによって、訪問ユーザの傾向や特徴を掴むことができます。
短縮URLプラグインの魅力
短縮URLプラグインは、WordPress上にインストールして利用できる短縮URL生成ツールのことです。簡単な3ステップで導入でき、長いURLやリダイレクトにワンクッションおきたい時に効果があります。
ブランディング
短縮URLプラグインを使用すると、あなたのサイトの価値がさらに上がります。
サイト訪問者様への短縮URLを発行するだけでなく、自社サイトの宣伝ツールに短縮URLは効果があります。
ウェブページを宣伝するときに、長いURLではなく、”短縮URLプラグイン”でURLを短縮することによって、ユーザのアクセスしやすさを高めます。
導入の3ステップ
短縮URLプラグインは、
WordPressサイトにアップロード
インストール(有効化)
ショートコード埋込
以上の3ステップで簡単に導入できますので、HTMLやPHPなどの知識は必要ありません。
WordPressの基本操作ができる方であれば、問題なく使用できます。
細かい設定
デフォルトの状態でも使用できますが、細かく設定し、ユーザや使用回数を制限することができます。
設定は3パターンから選択できます。
サイト訪問者様に使用していただく場合は「誰でも利用できる」、登録ユーザのみに提供したい場合は「登録ユーザのみ利用できる」、自社のみで使用する場合は「指定ユーザのみ利用できる」というように用途にあわせた設定が可能です。
商品の詳細情報
商品名OS短縮URLプラグイン
バージョン1.1.0
動作環境WordPress3.2以上、PHP5.2.4以上、MySQL5.0以上、jQuery1.7以上が動作すること
支払い方法銀行振込、クレジットカード
販売価格48,600円 (税込)
販売内容
ダウンロード販売のみ。WordPressプラグイン、マニュアルPDF(3ページ)
購入する
ご注文後、WordPressプラグイン、マニュアルPDF(3ページ)を格納した圧縮ファイルをマイページよりダウンロードしてください。
特定商取引に関する法律に基づく表示
販売者名
サイト
OS短縮URLプラグイン販売サイト
所在地
電話番号
お問合せ
商品の名称
WordPressプラグイン・OS短縮URLプラグイン
販売価格
48,600円 (税込)
支払い方法
クレジットカード、銀行振込
支払い期限
クレジットカード決済 : 各クレジットカード会社の規約に基づく銀行振込 : お申込み後14日以内
引き渡し時期
ダウンロード版の場合 : 代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロード。
返品・交換について
注文確定後は原則として返品・交換できません
返金
商品が提供されず決済のみ発生している場合は承ります。返金の際は、上記お問合せのメールアドレスでご連絡ください。お客様都合の途中解約による返金は承っておりません。
表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。必ず動作環境をご確認の上、ご利用ください。
2016 c OLIVESYSTEM. All Rights Reserved.
Back to Top
OS短縮URLプラグイン
印刷物について。85ページ位の冊子100部作成予定です。ネットにて100冊で5万円の見積もりでした。もう少し、安い業者知っている人いましたら、教えてください。宜しくお願い致します。
印刷物の内容がわからないですが正直85ページもあって5万なら格安だと思います。単純に計算しても、85ページ×100部=85000ページ単純にですが、0.58円で1ページと考えたら安いでしょうね冊子ってことは、製本もされるのでしょうからなら、尚更ですね。
印刷技術に詳しい方?に質問ですが、https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q119809723…本当にひらがなの「が」とカタカナの「ガ」ではそんなに違いがあります?右上のてんてん、2つか3つかの違いで、「ひらがなだと印刷の時につぶれて見にくいけどカタカナなら大丈夫」と言われても、「そうかなー?」といまいちしっくりこないのですが。
簡単に言うと、「単純さ」の問題なんですよね。「活字ポイント」と言うのは、結果的には「ドット」で表現されます。ですから、曲線や太い細いがないほど明確に表現できますし、それがあるほど不明瞭になる「可能性」がある訳です。センサーはすべての情報をキャッチしていても、それを印刷機にまで伝えるだけの伝播力あるとは限りませんし、印刷機もそれに対応できるだけの能力を持っているとは限りませんからね。だから、できる限り「エラー率」を下げるためには、単純な情報の伝達のほうが望ましいんです。「カタカナ」って直線的ですよね。図式的にも解像的にも映像的にも簡単にプログラム化できます。少し位置がずれても補正ができるものなんです。「ひらがな」と「カタカナ」の混合文になると、解析の段階で、まず第一歩の判定プログラムが必要になります。これは実は膨大な費用が掛かる物なんです。「が」と「ガ」の違いって、こんなところにもあるんです。
wordpressプラグインtlp-teamについてwordpress勉強中の初心者です。プラグインのカスタマイズについてお知恵をお貸しいただければと思います。teamプラグインのtlp-teamでlayout="1"で表示している際にサムネイル画像をクリックしても、個別ページへ飛ぶことが出来るようにカスタマイズしたいです。(現状はリンクになっているのは写真のした部分のdesignationbu部分のみ)方法をお教えいただけるとありがたいです。宜しくお願い致します。
カテゴリマスター>gawgawgawpさん>方法をお教えいただけるとありがたいです。プログラムを習得するか外注。
Wordpressで、複数ページにそれぞれ別の月額課金の閲覧権限をつけられるプラグインをご存知ないでしょうか?
このプラグインでどうでしょうか。グループで分けて閲覧制限ができるみたいです。http://happy2010.wpblog.jp/wppi/user-access-manager/ユーザー登録自体はそのユーザーにやらせたい場合はこちらのページも参考にしてください。まぁどのみち見れるように設定するなどしないといけないので手動登録のほうが無難ですが。https://nskw-style.com/2014/wordpress/users-role-capability.html
wordpressプラグインrelatedpostについて。レイアウト変更ができなくて困っています。補足relatedpostで、関連記事を縦並びに表示させたいのです。検索サイトで探すと、設定からEnableThemes*を有効(チェックする)にすれば下にレイアウトが表示されるそうなのですが、私のパソコンは無反応で時間をおいてもなにも表示されません。なにか解決策があればご教授願いたしです。
カテゴリマスター>flufty_cloudさん2016/7/3115:48:09>なにか解決策があればご教授願いたしです。動作がおかしいのなら制作者に要望を出して解決する形になります。
おすすめの情報